3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントペットフィーダーで楽な餌やりを

3Dプリントペットフィーダーで楽な餌やりを

3D prnt dog feeder

 

 

ペットの餌やりは、飼い主の一つの大きな責任です。
しかし、旅行や長期留守などで、家をあけたり、仕事で餌をあげることができない場合、
今回発明された3Dプリンター製のペットフィーダーが大活躍すること間違いなしです。
JonPaul Laskisは、3Dプリントのドッグフィーダを設計することによって、この問題に対処します。
ドッグフィーダー
Laskisは、機械設計者で、彼の飼い犬に犬用ガムを同じ時刻に与えていますが、それを自動化することに開発の念を投じました。
完成したフィーダーは、ちょっと複雑で高価なものになりましたが、機能マシンを3Dプリンターで作成するというアイディアについては最高の出来です。
Laskisは、近い将来にも、今回より、より簡単なバージョンを構築したいと考えています。

3Dプリントの犬のフィーダー機能は、犬がマシンを起動するレバーの上に足を置きます。
8時間おきに餌は確実に自販機のようにでてきます。
機械が動作していない場合には、電池を節約するためにオフのままです。
何回か使用すると、餌を補充する必要があります。
キャットフィーダー例
このようなデバイスは、Thingiverseページでダウンロードして3Dプリントアウトすることが可能です。
オーバーフィードや栄養不良の解決にも、本格的なペットフィーダーを3Dプリントアウトしてみてはいかがでしょうか。

アメリカでは、通常のレストランで食事をしたあとで、ドギーバックといい、残った肉などを飼い犬にあげるための犬用の特別なナイロン袋をもらえることがあります。
ペットを家族の一員として、広い庭やソファのある広間で自由に買う習慣があるのです。
日本でも、最近はかわいいペットのテレビコマーシャルなどで、ペットの個性や性格までフォーカスされ、
昔の人間の言いなりになる犬のようなイメージはもうあまりありません。
猫や犬、また最近は爬虫類など外来の珍しい生き物がペットとして家庭に存在している日本ですが、餌やお風呂、トリミングなどは
わすれてはいけない人間のペットに対する当然の責任です。
ドッグフィーダー例
3Dプリンター製のペットフィーダーなら、特別注文するより安く手に入り、色なども自分で選ぶことができます。
樹脂で印刷したこのペットフィーダーのクリアなチューブにある餌やガムは、旅行中もペットに確実に餌を定期的に与えることのできる
大変便利で面白いアイディアです。
この機械に自分のペットに一つ3Dプリントアウトして、ちょっと楽な餌やりをためしてみたいものです。
ペットも自分がペダルの作用で出てくる餌をもらうゲームに夢中になるかもしれません。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top