3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリント企業、Kabukuのクラウドオンライン市場

3Dプリント企業、Kabukuのクラウドオンライン市場

kabuku

3次元設計、印刷のプラットフォームが日本で立ち上げられました。

Rinkak3Dプリントクラウド”は、日本の3Dプリント会社Kabukuにより設計され、Rinkak3Dプリント市場の「ビジネス」バージョンとなりました。

3Dプリントのオンライン市場の充実はとくに今年に入って顕著にみられています。
またアメリカでは多くのフェアが開催され、実際に3Dプリンターをその展示場で使ってみたり、技術の高い3Dプリンターを自分の目で確認することができます。

民間消費者のためのRinkak市場は2013年に発売されました。
設計者がRinkakの印刷サービスに登録、製品化し、そのクラウドに自分の3Dモデルをアップロードできます。

しかし、ビジネス指向の利用法としては、ユーザーがKabukuの3Dプリント機能を備えたアプリケーションやWebサービスを統合し、
3DコンピュータグラフィックスとCADに特化した企業が3Dプリントサービスを提供すると、
3Dゲームやアプリのファンがすぐにそのアプリケーションを通じて注文できるようになります。

また、メインキャラクターの3Dプリントフィギュアなどを注文するオプションでは、人気のインフィニティブレードIIIもあります。
台湾のアプリ3DピポもKabukuサービスで提供しています。
写真に基づいて人々の3Dレンダリングを開発し、ユーザーがすぐに3Dプリントを注文できます。

アニメーションやコスプレブームの続く日本の波にのって、3Dプリンターのオンライン市場も広く一般に浸透するようです。

ウェブサイト、ザブリッジKabukuは、ゲーム開発者や、ソーシャルアプリプロバイダーが、CADデータなど、クラウド経由の3Dグラフィックスを利用できます。

Kabukuは3Dプリンティングコミュニティと、その市場を拡大しています。

3Dプリント企業Kabuku


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top