3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリント機器の本格的日本での参入と今後の動向

3Dプリント機器の本格的日本での参入と今後の動向

STEATASYS

3Dプリントは、既存のハードコピー画像化の影響を議論するため情報ウェビナーを開催しました。

キヤノンとリコーは、今後数年以内に商業化のための独自の3Dプリンターを開発しているなど、
最近のニュースは、2Dプリンタのビッグネームがあり、 数十億ドル規模の組織のほとんどが ストラタシスや3Dシステムズとのチャネルパートナー体制をとっています。
キヤノン、HP、リコーやセイコーエプソンは現在、すべての市場に独自のハードウェアを持参する計画があります。

コニカミノルタ

コニカミノルタは、独自の3Dプリントのハードウェアを開発する計画を明らかにしていませんが、その北米事業コニカミノルタビジネスソリューションズを通じて、
コニカは、そのチャネル·パートナーと直接販売組織を通じて、米国の3Dシステムズのプリンタのフルラインアップを販売します。

エプソン

セイコーエプソンは、独自の3Dプリンターを開発する計画で、複数の工業材料(特に金属)で印刷する機能があり、
生産レベルの添加物製造システムを達成するために、エプソンはかなり遠い主力インクジェット技術から逸脱しなければならないことを期待しています。

キヤノン

キヤノンのその単独の活動はキヤノンマーケティングは日本で3Dシステムズのプリンタの販売代理店として機能することとなっている。
米国のキヤノンバージニア(CVI)、として知られている製造組織を運営しています。
CVIの機能は、金型や伝統のさまざまな技術を通じて作るパターンを含む、施設など、医療消費者製品、自動車、包装としての産業を提供しています
添加剤製造技術への関心になってきているすべての市場。

リコー 

リコーは2016年に独自の3Dプリンターを商品化したいと考えている。
今月末までに地域での転売やプロトタイピング操作をサポートするために、日本で2事業所を設定します。
同社はすでに、「リコーラピッドファブ」サービス用に設定され、日本のウェブサイトを持っています。

3Dプリント機器


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top