3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリント縫合医療機器が完成し、2030年には実用化されそうです。

3Dプリント縫合医療機器が完成し、2030年には実用化されそうです。

3Dプリント縫合医療機器が完成し、2030年には実用化されそうです。

ブルネル大学、ロンドンからロンドンベースのデザイン·エンジニアで、学資のアンドリュー・グスコットは、
医療手術現場に革命的必要のある縫合医療機器を現実的に開発しています。

3Dプリント技術は、医療、工業、宇宙工学、学術、工芸、芸術、航空など、全ての現場での革命的な時間とコストの削減、
そしてあらゆる素材でのあらゆる造形学に関する無限の可能性を秘めています。

アンドリューは最近、医療技術をはるかに容易にする、肌の縫合装置として、3Dプリント縫合医療機器を開発し、
医師と患者との間にある世界を、シンプルで高レベルなものにしようとしています。
日本でも時々手術ではさみを患者の腹部に忘れたまま縫合してしまったり、料理のできない医師の手術での縫合や、
手術にかかる時間に軽い疑いを持っている人は少なくありません。

アンドリューは2030年のためのコンセプト·デバイスとして、この希望に満ちたプロトタイプを立ち上げました。
可能な限り効率的に患者の傷や怪我の一般的な損傷の治療を行えるようにするのです。

すぐに傷や切り傷を癒す高輝度の縫合糸を使用し、プロの医療器具超音波(HIFU)による集束技術を目指しています。
それは思ったほど未来的ではありません2030年度の実用化をめどにしています。
HIFU技術は既に主に癌治療で局所的に使用できます。

大学のプロジェクトの一環として、アンドリューはFormLabsからForm1の3Dプリンターを使用して、
コンポーネントはMadeSolid白色樹脂とクリア樹脂を使用して印刷されています。

この縫合医療装置が完成するころには、3Dプリントによる、人工皮膚や人工内臓、骨の技術も本格化し、
手術の際に直接人工細胞をコンポーネントを利用して塗布したり、あらゆる医療技術が、信じられないほど革命的に良くなる傾向があります。

3Dプリント縫合医療機器


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top