3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリント電動スケートボードをプリントして、クリスマスに

3Dプリント電動スケートボードをプリントして、クリスマスに

ファラデーのスケボ

 

3Dプリント電動スケートボードが、FaradayMotionでプリオーダーしています。
その3Dプリント電動スケートボードなら、まだだれも持っていない優越感と、のり心地のよい楽しい電動スケボーです。

3Dプリンターと$560があれば、背骨デッキ、エンジン部品、電子必需品をプリントアウトして、組み立てるだけです。
すべての部品が送られます。
3Dスケボ
3Dプリント可能な電動スケートボードは、楽しくのれて、作成も便利な組み立てです!

このソリューションは、FDM 3Dプリンタです。残りのコンポーネントを3Dプリントして、組み立てオプションに従い作成します。
必要部品も送られます。
スマートフォンアプリで制御され、それは時速18マイルの速度に達すると約6マイル電荷を保持することができます。
毎時18マイルは、あなたの髪に風を感じるには十分ですが、あなたの膝の痛みの反復運動の疲れを感じることはありません。

ファラデーモーションによる、3Dプリント・エレクトリックスケートボードで、200×200ミリメートルの最小値の印刷ベッドの上で
印刷時間の価値は約100時間程度です。あなたが今、計画を開始できることは良いことです。
しっかりとした作り
エレクトリックスケートボードは、最近特に欧米などでも注目されている、最先端のスケートボードです。
通常のスケボーなら、のる技術と練習がある程度必要です。
電動スケボーも同様ですが、電動ですから、進むのにあまり技術がいりません。
ちょっと危ないとも言えますが、これまでスケートボードを経験したことのある方なら、最近どうしてもきになるアイテムではないでしょうか?
さりげない電動スケボ
バック・トゥ・ザ・フューチャーという、マイケルJフォックスの主演した映画では、空をスイスイ浮かんで飛ぶ、
未来のスケートボードが話題になりました。
それはかなり前のことですが、youtubeなどの流行で、こうした面白いスケートボードが、最近注目されています。
ドローンを飛ばしても大事件になる、狭いといえる日本ですが、電動スケートボードをもっていたら、スケボー練習場でもみんな注目します。

先日テレビでニューヨークの街をアラジンの絨毯のしたに電動スケボーをかくしたのりもので、アラジン役のスケートボーダーが
スイスイニューヨークの車道を渡っていく面白いシーンが公開されていました。
それは、どうしてそんなに早いんだろう。絨毯の下はなんだろうといった騒ぎです。
ちょっと怒られそうな電動スケボーですが、広い敷地で、動画にして投稿したら、アクセス爆発的です。

 

詳細な情報や購入は公式HPでご覧になれます。(英語ページ)
http://www.faradaymotion.com/


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top