3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3D印刷された皮膚を移植できるようになる可能性

3D印刷された皮膚を移植できるようになる可能性

3Dプリント―で皮膚移植

ウェイクフォレスト大学の軍事研究センターで科学者が火傷に3Dプリントした新しい皮膚細胞を載せていく方法を開発しました。

これまでは患者の身体上のドナー部位から移植片としての皮膚が必要でした。ドナー部位から皮膚を取ることは痛みを伴い、時には患者は移植に十分な肌がないのです。

今回の移植法は従来の皮膚移植よりはるかに優れています。
ウェイクフォレストは、レーザースキャンとインクジェットプリンタによる皮膚の印刷を実現しています。レ
ーザーは、患者の火傷をスキャンし、その情報により細胞が傷を埋めるためカスタマイズしてインクジェットプリンタが焼失面積が覆われてしまうまで細胞を一層ずつ重ねていきます。

すでにウェイクフォレストでマウスとの臨床試験を実行していて、肯定的な結果を得ることに成功しました。
印刷された皮膚細胞で処置したマウスは、より高速な治療を受けなかったマウスよりも2週間早く癒されたのです。

また、火傷の治療に3Dプリンターで処置の研究をしているオランダの会社があります。同社はSkinPrintと呼ばれています。
被害者の火傷上に細胞を直接印刷するかわりに、ユニバーサル皮膚移植の作成に取り組んでいます。彼らはウェイクフォレストの研究に沿ってはいませんが、結果はその皮膚にあります。

3Dプリント―で皮膚移植


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top