3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターで制作したオリジナルクオリティ楽器をプロのアーティストに

3Dプリンターで制作したオリジナルクオリティ楽器をプロのアーティストに

3Dプリントによるサクソフォン

ルンド大学マルメ音楽アカデミーの学生たちは、3Dプリンターで制作した楽器での演奏を行っています。

ギター、ベース、キーボード、ドラムなどがこれまで制作されました。
実際、初めてギターを手にする時、音階から慣れしたしみ,次第に音質から音楽へと移行します。
かといって3Dプリンターの楽器が、簡易なものでなく、奏でるものの希望通りの微妙な細部に至るデザインまで可能にし、音質の調整から形までも個々にあったものにクリエイトします。

プロダクト開発専門のルンド大学のオラフ・ディーゲル教授は、「3Dプリンターによりミュージシャンは望み通りの仕様の楽器をデザインできるようになる」と言っています。
楽器のデザインとそれを3Dプリントする同教授は、「私が作る楽器はすべて、ミュージシャンのために特別に作られたオリジナルで、従来型の製造手法ではできません。

ミュージシャンが『ギブソン・SGのようなネックの重いものがほしい』と希望すれば、デジタル処理で望む位置に重心を移動できます。
また、指がフィットしやすいようスキャロップド加工がほしい場合でも、デザイン過程で随時変更でき、3Dプリント機の『プリント』ボタンを押せば、
11時間か12時間後にはすぐに演奏できるオリジナル楽器が手に入る3Dプリントの魅力があります」。

有名なアーティストはこれまで歴代のメーカーや楽器の制作者に細かく注文をしてきましたが、3Dプリントで楽器ができれば、自分の思い通りです。
バンドメンバーも楽器を気に入り、リード・ギタリストのミケルもスチームパンク風のデザインに特に惚れ込んでいます。
ベーシストのヒューゴは、音質が劣っていることはないといい、「ボディは音や演奏にあまり影響しないと私が言えば、フェンダー信奉者には腹を立てる人がいるかもしれません」。

3Dプリント製造の楽器が、歴代のフェンダーやギブソンのギターに代わり得る現実的なものであるということを、
頭が固い有名なミュージシャンにも納得させたいとディーゲル教授は考えます。
実際、ミュージック界の賛同を得ようと、誰か著名なミュージシャンに取り上げてもらい、演奏に使ってもらうことを教授は希望しています。
ディーゲル教授が作るギターの価格は、約3500ドルです。

オリジナルクオリティ楽器


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top