3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3D印刷によるデザイン性に優れた”ワードクロック”を制作する

3D印刷によるデザイン性に優れた”ワードクロック”を制作する

レターで時刻を表示するワードクロック

この3Dプリントならではの少し大型の大胆でキュートなデザインの”ワードクロック”はわずか6時間で1つの印象的なオブジェクトとして
デュアルヘッドのMakerbot Replicatorの2X3Dプリンターで基本的には印刷できます。

2015年という新しい年を迎えて、自分の部屋の印象も、心機一転し、これまでとは違った印象にするには、
ずっと使っている時計を新しく斬新な3Dプリントによる置き時計にかえてみるのも、一つの方法です。
この時計は少し制作が複雑ですが、完成すれば、注目の面白い”ワードクロック”として話題を集めます。

すべてのSTLファイルは、Instructablesガイドからダウンロードすることができ、Autodesk123Dデザインを使用し、drhatchで行われます。
印刷された後は、マイクロプロセッサ、クロックICおよびそれらすべての必要な72のLEDを取り付けるのは少し難しくなります。

部品のリスト全体も注文する必要があります。その後、設計者の自家製のコードをダウンロードしてプログラミングします。
このソフトウェアは、クロックチップを中心に展開し、チップの時間を読み取り、対応するLEDが点灯をオンにします。

もう一つのクールな機能は、LEDがやや暗い部屋で淡色表示と、センサーからの周囲光レベルの読み込みです。
また、「ワード·マスク」を作成する必要があります。
設計は、この時計に使用される単語マスクが含まれており、アクリルのシートにレーザーカッターを使用し、
それはシンプルな5ボルトをバックに装着し、ACアダプタを電源にして動作します。

3D印刷のデザイン性


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top