3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3D印刷技術は発展して、4D印刷への可能性を秘めている

3D印刷技術は発展して、4D印刷への可能性を秘めている

3Dプリント技術で4D印刷へ

ストラタシス教育研究開発部門とMITの自己組織化研究室間の共同研究で4D印刷の新しいプロセスが開発されています。
このユニークな研究は物理的な環境での大規模な構造の自己組織化技術の開発に焦点を当てています。

自己組織化ラボ所長のSKYLAR Tibbitsに率いられるこの4D印刷プロジェクトはストラタシスのコネックスマルチ材料技術で可能になったといわれています。
研究者が設計されたジオメトリの種々の粒子の各々に異なる材料特性をプログラムし、自己組織化プロセスを活性化する材料の異なる吸水特性を活用し、
非電子系材料に設計図と意思決定を埋め込む新たな可能性があります。

Tibbitsははじめ、3Dプリントと組み込み磁石で実験をはじめ、エネルギーを加えると自己集合する作品をデザイン、
ビーカーを振ると、3Dの形状に集まったポリオウイルスのモデルができましたが、かなりまだ労力がかかりました。
彼らはそれを水に変換し、画期的な新素材を開発しました。水との接触に基づいて、伸縮可能性パイプの構築などに使用することを想定できます。
緊急事態が終わると収縮し、ハリケーンで壊れないことや、地震時に曲がるパイプを想像してみてください。
Tibbitsは「これは、素材に命を与えることができる」と言います。将来的には水以外のエネルギーの光や熱、音でトランスフォームするのです。
そして折り紙のように自己倍だけでなく、別のものに変換することができ、3次元形状を4次元プリントや2次元面にするとしています。
「我々は今はまだ4次元印刷において、何ができるかということと物理オブジェクトが正確に設計された方法で変換する利便性を少し垣間見ているだけです」と彼はいいました。

3Dプリント技術で4D印刷へ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top