3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

80年代に登場した3Dプリンターの機能とその働き

80年代に登場した3Dプリンターの機能とその働き

80年代に登場した3Dプリンターの機能とその働き

3Dプリントは、1986年に3Dシステムズのチャック・ハルが発明した光造形プロセスとして知られ、このバリエーションは現在も使われています。

オブジェクトのコンピュータモデルを介してデジタルスライスデータを積層するソフトウェアで、各スライスの形状が造形となり、

通常は紫外線が選択的に感光性液体の層を硬化させます。
各層に液体の別の層が加わり処理が繰り返されます。

多くのアプローチが開発されており、レーザー焼結は粉末を硬化させ、レーザーで粉末プラスチックや金属の層をザッピングします。
他のマシンでは電子ビームを使用しています。
代替的な方法として金属粉末を溶融するものがあります。
これは、タービンブレード等の磨耗部品を修復するために使用することができ、層を形成しそれらを硬化する感光性の液体材料を吐出する
ビット2Dインクジェットプリンタのように動作します。
他にも印刷ヘッドのシングルパスで一ダースもの異なる材料を印刷することもできます。

最も人気のある技術の一つはコンピュータ制御グルーガンに似て堆積モデリング(FDM)で、加熱されたノズルは熱可塑性のフィラメントを押し出して冷却します。
複数のヘッドが異なる色を押し出すことができます。
FDMは現在1,000ドル未満であり、愛好家によって使用される小型の3Dプリンターの多くで使用されているメカニズムです。
より高機能な3Dプリンターは、数万ドルの費用がかかり、チタンで航空宇宙部品を印刷できるレーザー焼結機のように大きな産業システムは百万ドルします。

80年代に登場した3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top