3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

adidasの3Dプリント技巧による斬新な新型エネルギー出力スニーカー

adidasの3Dプリント技巧による斬新な新型エネルギー出力スニーカー

springblade, adidas3D

3Dプリントのシューズは、今年特にそのシリーズを増やし、オンラインでも注文できるようになりました。

3次元印刷技術は靴の製造プロセスに進化した技巧をみせています。
他の多くの製造業のように、これは素晴らしいプロトタイピングと設計技術であることが証明されています。

これまで、未来的な樹脂のスニーカーや、線で表現されたハイヒール、デザイン性の高いスニーカーやウール性のものまで、
カスタムオーダーに応じた3Dプリントシューズのオンライン販売も盛んになっています。

今回、アディダスが3Dシューズでマーケット参入しました。
アディダスの創設者アドルフ·ダスラーアディにちなんで名付けられたドイツのスポーツアパレルの定番メーカーが、
その靴の設計プロセスに3Dプリントを取り入れたのです。

アディダスは、中国の3Dシャイニング社と共同で開発しました。
同社は非接触3次元イメージング技術を専門としています。
Springbladeシューズと呼ばれるこの靴は、機能に関係なく、エネルギー出力を最大にするように設計各靴の底に16一連のブレードという、
プラスチック部品の複雑な形成を利用したシューズです。

これまで販売されているあらゆるスポーツブランドのシューズと比較して、サッカーのスパイク以上の凹凸を持つ、
斬新で革命的なこの靴底ですが、スポーツをする際に、結果的に好結果を生み出す、エネルギー出力を計算して設計された
3Dプリント初のスポーツブランドシューズとして、オンラインでも1万円台で購入できます。

プラスチック部品は、3Dプリント金型を用いて製造され、約48時間で、最大60×80×40ミリメートルのスチールMS1型を生成することができます。
SLM金属粉末焼結技術に依存しているEOS M2803Dプリンターで製造します。
今後数ヶ月間で、アディダスとシャイニング3Dは、その製造工程において、より効率的な内部フロー構造の開発に取り組みます。

adidasの3Dプリント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top