3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

GEOil&Gas社による日本の新潟県刈羽工場での3D金属プリンター使用について

GEOil&Gas社による日本の新潟県刈羽工場での3D金属プリンター使用について

メタル3Dプリンターによる生成物

 

GEOil&Gasは、エネルギー産業分野での利用に、特別な構成を持つGEのメーソンネーラン制御弁、3Dプリントされた金属用制御弁の部品を製造するために、
日本の新潟県にある刈羽工場で金属レーザー焼結ハイブリッドフライス盤(金属3Dプリンター)を使用しています。
GEは2011年に刈羽工場を買収し、2年後には、特別な制御バルブを製造するための3Dプリンターのテストを開始しました。
金属3Dプリントの使用は、従来の添加剤使用の製造では困難な中空構造、湾曲した形状、及びメッシュ等の複雑な形状を有する制御弁の部品を製造することがより簡易になります。

もう一つの利点は、統合された成形で、加工モールドのために必要なステップを減少し、速い製造時間と低コスト化を実現します。
既存の方法は、ろう付けや複雑な形状を生成するために複数のコンポーネントを組み立てなどの工程を必要としますが、金属3Dプリンターはプロセスを簡素化し、
単一のコンポーネントを作成できます。

金属3Dプリンターは、配信時間を短縮でき、実質的に従来三ヶ月製造にかかっていたのを、約2週間で製造できるようになります。
刈羽プラントでは松浦機械製作所製LUMEX Avanceの-25金属3Dプリンターを使用し、一つのユニットにマシニングセンタによる光ファイバーレーザーと粉砕プロセスの製造プロセスを組み合わせています。
既存の3Dプリンタは、唯一最大約0.1ミリメートルの精度でオブジェクトを生成しますが、刈羽のプリンタはその100倍の精度で作業することができます。
同社は、仕上げ工程も簡素化し、スピードアップした製造を実現し、長年の経験で感じ取れる約1000分の1ミリの誤差も分かるようになりました。

 

刈羽工場の熟練工


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top