3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

MITが可能にした単一プリントによる10の異素材利用

MITが可能にした単一プリントによる10の異素材利用

マルチマテリアル3Dプリンター

 

 

MultiFab 3Dプリンターで、MIT/マサチューセッツ工科大学が単一プリントで10もの異素材プリントを可能にしました。
インスタント製造機械とも言える3Dプリンターによるクリエイションは、あらゆるバラエティをみせており、
使用可能な素材も、金属や陶器、樹脂に食材、カーボンなど、この世のあらゆる素材を可能にしてきました。

今回、MITの研究者たちは、1つの印刷セッションで、少なくとも10の異なる材料の選択肢から、オブジェクトを印刷することが可能である、
CSAIL MultiFab 3Dプリンターを発表しました。

 
CSAIL MultiFab 3Dプリンターによる作品

 
MultiFabと題する論文で導入されたこの3Dプリンター、MITの研究者Pitchaya Sitthi-アモーン、ハビエル・ラモスらによる、
マルチマテリアル3Dプリント用のマシンビジョン支援プラットフォームにあります。
このマルチマテリアル3Dプリンターは、現代の最先端で加速的に進化しています。

これまで製造が非常に困難であったオブジェクトを作成する力を持っているこのプリンター、
安価かつ迅速に設計を反復処理する機会を提供しています。
パーソナルプリントのカスタマイズも可能にし、これまでとは一段とレベルアップした製作機能を持ちます。
作品群

 
この革命的マルチアテリアルプリンターのシステムは、7000ドル未満予定で、印刷材料の推定コストは、キログラム当たり約20ドル程度です。
彼らは「現在のプラットフォームは、低コスト、商用オフザシェルフのコンポーネントのみから構築されています。
コンピュータビジョンのフィードバックループの利用は、設計を簡素化し、ハードウェアの欠陥に、ソフトウェアで補償します。
私たちのシステムはパイオニアといえ、安価で安全なLED硬化と、シンプルな材料供給システム。
そしてポリマー3Dプリント用に消費者のプリントヘッドを適応させるものです。」と述べています。

このMultiFab 3Dプリンタはすでに3Dプリントレンズ、回路基板、配線に成功しました。
「私たちのシステムは飛躍的に大規模な材料ライブラリの提供により、製造できる部品の範囲を拡張します。
このライブラリは、光学的、機械的および外観特性の広い範囲で材料を含みます」と彼らは記しています。
「すべての材料は、UV硬化性フォトポリマーです。このような共重合体、ヒドロゲル、および溶剤ベースの材料などの追加の材料は、
プラットフォーム内で使用されるように適合できます。現在、物質ライブラリーは、硬質材料(RIG)、弾性材料(ELA)、高屈折率材料(HR)、
低屈折率材料(LR)と、支持体(SPT)を含みます。」と記されています。
このマシンはまた、メタマテリアルオブジェクトの製造に非常に適しています。
MITキャンパス
MITの研究者は、研究目的のためにCSAIL MultiFab 3Dプリンタの市場性のバージョンを想定しています。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top