3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

SonyとParadigm社が共同で水中の珊瑚ポップアップショップを製作

SonyとParadigm社が共同で水中の珊瑚ポップアップショップを製作

sony-paradigmd水中ショップ

 
初夏の兆しの現れた日本でも、休日には海外に出かける人も最近はとても普通になりました。
南国に行く時もスマホやポータブルPCは仕事の傍ら手放せない人も多いのではないでしょうか、
高校生においてはスマートフォンがなくなると、生活のリズムが狂うという人も多くなりました。

3Dプリンターも日本に多く紹介され、特に今年にはいってからは、多くの展示会やセミナーで、広く社会に広まってきています。
その用途は医学、デザイン、建築、工業と幅広く、オンラインであらゆるマテリアルが印刷できるとあって、人気を呼んでいます。
3dプリントポップアップショップ
この度、SONYとparadigm3D社は世界初の試みで、水中のポップアップショップとして、3Dプリントサンゴを作成します。

3Dデザイナーのグループは、3Dだけを使用していない現実的な珊瑚の庭を作ります。
ドバイベースのparadigm3D社はドバイのワールドアイランドの近くにあります。

サンゴを作成するには、paradime3Dチームは、3DデジタルスカルプティングツールZブラシを使用して珊瑚をモデル化しました。
それはXperia製品機能を保持するだけでなく、天然サンゴのように見せています。

その後ストラタシスブランドの3Dプリンタを使用して、熱溶解積層法(FDM)3Dプリントを使用して作製されています。
チームは、天然のサンゴの庭園に見られる同じサンゴとほぼ同じような、有機的な形状のデザインを作成するために、
水溶性の支持体材料を作成することをしました。

「社内ストラタシスFortus3D制作の3Dプリンタでは、我々は、最新のSONYの防水製品にフィットサラウンドを提供するために、
堅牢なABSプラスチックでサンゴを印刷しています。3Dプリント用のデータを最適化し、生産にかかる必要な時間を短縮することで、
開口部の期限を満たし、いくつかの簡単な設計変更を提案します。そして水中ショップや美的効果を最適化することができます。」

 

3Dプリントショップ

paradigm3Dデザインとエンジニアリングチームは、ストラタシスFortus 400とFortus 900 3D生産3Dプリンタを使用して、
8メディア​​サンゴ片と一つの大きな「目玉」となる大きな珊瑚のデザインを作成するために、クロックの周りで作業しました。
ABSプラスチックで印刷してから、最終的なデザインをプリントした後、サポート材料を除去しました。
ショップが完了した後、スキューバギアをもって、水中店に飛び込むとユニークな、個人ユーズのための製品をサンプリングすることができました。

珊瑚のポップアップ水中ショップ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top