3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

stratasys社3Dプリンターでホンダがカーアクセサリーを製造

stratasys社3Dプリンターでホンダがカーアクセサリーを製造

カーアクセサリー

 

ホンダアクセスは、カーアクセサリーのプロトタイプ作成にあたり、米stratasys社の3Dプリンターを使用しています。
3Dプリントアクセサリー
ローカル·モーターズ、テスラの電気自動車の進歩と価格モデル、GoogleとAppleの自己駆動車、
3Dプリンターによるコンセプトカーなど、昨年は革命的な自動車生産業界でした。
日本のホンダ社は、積極的な開発を改善するために、ストラタシスの3Dプリンティングシステムを使用してやオートバイのアクセサリーのデザインに、
競争上の優位性を得るため、添加剤製造技術を使用してきました。ホンダアクセスは同時にカーアクセサリーの生産も行っています。
3Dプリントを利用
1948年に設立されたホンダはサービスを提供し、生活をより容易にする手段として技術を使用する夢をもってスタートしています。
独自の開発プロセスによる3Dプリンターの使用もまた、同社の信念を持っています。
埼玉県に本社を置くホンダアクセサリー開発センターは、ホンダの自動車、オートバイなど、世界レベルでアクセサリーを製造し、
ストラタシスオブジェEde​​n500V 3Dプリンターを使用しています。

「CNCマシンによる生産試作部品が過度の労力とコストを伴う、フルタイムの演算子は、オンサイト生産を監視するために必要です。
3Dプリントがプロトタイピングプロセスをスピードアップして、私たちがテストにより迅速かつコストダウンを図り、効率よく設計できます。
付属品の開発は車両と同期して加速します。商品企画部門、デザイングループの主任研究員である森竹広は語ります。
3Dプリント技術は、当社のビジネスのために不可欠なものとなっています。」

 

Ede​​n500V 3Dプリンター
チームは単独で、毎年各ホンダ車のモデルの300にも及ぶカーアクセサリーを設計するインパクトある3Dプリンター技術です。
トラフィック条件に対する気候や路面状況やアクセサリーのための特定のローカル市場で必要とされるアクセサリー、
ドライバーの意思のためのアクセサリーなどあります。

ストラタシス日本の社長兼最高経営責任者(CEO)である片山明浩はいいます。
「異なる地理市場のための効果的なコストと迅速なカスタマイズがホンダアクセスのための成功の鍵であり、3Dプリントが勝利への道であるのが証明されているのが、顧客の卓越性にコミットし、我々は合理化に成功したことを嬉しく思います。顧客満足度を高めながら、製造プロセスをかえます。」
3Dプリンターは車の製造市場にも急速に実用化し、あらゆるプロダクトのインパクトある製造技術としてメーカーから多くのニーズを得てきています。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top