3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

リサイクル可能なフィラメントとして100%リサイクルを提唱するFilacycle

リサイクル可能なフィラメントとして100%リサイクルを提唱するFilacycle

Filacycle 100%recycle filament

フィラメントが樹脂であるかぎり、ペットボトルと同様にリサイクルの可能性が常に求められてきました。

FDM3Dプリンター原料の生産者でreycledフィラメントを小売している事業者として、Filacycle社が新しく上げられます。

Filacycleは、現在、リサイクル原料である100%再生ABSフィラメントとして古紙100%の再生ABSペレット、 古紙100%の再生HIPSフィラメントを打ち出しました。100%HIPSペレットをリサイクルしたものです。

Filacycleは、溶融堆積モデリング(FDM)プリンター用の3次元印刷ポリマーを提供する英国ベースのブランドです。 フィラメント、ペレット状のアクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、および耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)を主にビジネスユーズとして提供しています。 個人的な3Dプリンターの所有者の低価格フィラメントとして現在注目を集めています。 リサイクルフィラメントの原料は廃棄物の自動車部品や埋立在庫から始まりました。 両方のABSとHIPSフィラメントのため、印刷時のノズル温度の動作範囲は210 – 230℃となります。

推奨解像度は200ミクロンで、推奨印刷速度は、2000ミリメートル/分以下です。
近い将来Filacycleではペレット状で地球に優しい製品として、(高密度ポリエチレン)HDPEが新しく追加される予定です。
環境の前提はゴミ処理なども含めて常にリサイクルなど可能であることが大切です。 多くFilacycleのようなリサイクル可能で安価なフィラメントが一般にも販売されれば、造形も安易になります。

100%リサイクル


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top