3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

世界最小の針の穴を通り抜ける天使の彫刻が実現しました

世界最小の針の穴を通り抜ける天使の彫刻が実現しました

世界最小ナノスカルプチャーの造形
ロンドン在住の、ジョンティ・フルビッツさんは、3Dプリント技術でnanosculptureナノスカルプチャーをプリントしました。

その名の通り世界一小さな、美しい彫刻を3Dプリンターで実現したのです。
最小の芸術と言えば、日本ではコメにお経を小さくかいたり、小さな折り紙などがありますが、3Dプリンターでの彫刻物ですから、それよりも小さなものです。
世界最小の彫刻で、裸の女性や、マネキンの山、またはローマの神がアリの頭上にいます。
スコピック3Dプリント彫刻の彼のシリーズは、鑑賞するのにラボの電子顕微鏡を使います。

ヨハネスブルグ、南アフリカに工学の学位のある、ジョンティ・フルビッツは科学と芸術のマージ点を追求しました。
彼の作品は数学的、物理的といえます。あらゆる知識や芸術、歴史は,あるとき一つの頂点において鎖のようにつながることがあります。

彼の最新作は、針の穴の内側に、「信頼」と呼ばれる、人間の髪の毛の幅よりも小さいオブジェクトを作成するため、最先端の技術を使いました。
制作にはまず3D設計、そして精巧なカメラシステムのセットアップ、そして彫刻の各ポーズのモデル3Dレンダリングが必要でした。
ワイツマン科学研究所とカールスルーエ大学での微細組織工科大学からの助けを借り、3DPIに被せ、Nanoscribeの多光子リソグラフィ·プロセスを機能させます。
より長い波長である強い光を使用し、顕微鏡を通したフォーカスポイントで、ポリマーは、2光子を吸収しフィラメントは凝固します。
ボクセルと呼ばれる基本的に小さな3Dピクセル の2光子吸収が焦点に発生します。次に、
コンピュータ制御されたプロセスで、画素が作成され、何時間もかけて全体の彫刻が層によってピクセルと層によって組み立てられます。

この方法で3Dプリンターによる世界最小の芸術的な彫刻が完成しました。
今までに作成された最小の人物の肖像画による彫刻物は、ギネスブックへの掲載も検討されています。

3Dプリンターによるナノエンジェル


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top