3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

中国に続き、スロバキアでの頭蓋骨3Dインプラント手術

中国に続き、スロバキアでの頭蓋骨3Dインプラント手術

3Dプリントによるチタン製のインプラント頭蓋骨

工業用グレードのSLSの3Dプリンターにより、中国に続いて医療的に革命的手術が成功しました。

非常に精密で、正確なインプラントによる男性の頭部の頭蓋骨の手術です。
コシツェのスロバキアの第二の都市でL.パスツール大学病院の医師が施した手術はすばらしいものです。
患者であるユライは、約9年間、車椅子に閉じ込められていました。

事故で 4メートルの高さから落下し、彼の頭蓋骨が広範囲に損傷したのです。
当時の対応は粉砕した頭蓋骨の約3分の削除を余儀なくされました。
昨年の夏ユライの家族は頭蓋インプラントに新しい革新的なアプローチがコシツェの機械工学技術大学の学部や地元企業CEIT医工学からスロバキアの研究者によって開発されていたことを知りました。
3Dプリントのレーザー焼結技術により生物学的に許容される金属チタンTi64でユライの頭部にフィットするインプラントが開発されました。
オリジナルインプラントを除去した後、新しいインプラントは、特に脳組織を再生させるべく、所定の位置に固定されました。

ユライは術後三ヶ月の現在、チェスをしたり動作も自然に動いています。
研究者達は、市場での成功と普及だけでなく、製品として’、EOSおよび高品質のチタン合金製インプラントを製造できるEOSINT M2803Dプリンターのパッケージの生産を予定しています。
CEIT医工学は、病院で頭蓋、顔面や顎のインプラントを製造するためのEU全体の承認を付与させ、
スロバキアなどにおける救命3Dプリントのコストをカバーするため保険会社との交渉に成功しています。
欧州でこのような3Dプリントによる個人の頭蓋骨などのチタン印刷が保険会社も含めて広く一般化されれば、
今後日本での医療技術にも革命的な時間とコストを押さえた3Dプリントによるインプラントが普通に行われるようになる事でしょう。

3Dプリントによるインプラントに成功したスロバキア男性


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top