3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

Audiが3Dプリント車両の開発を進行。

Audiが3Dプリント車両の開発を進行。

ルナークワトロ

有名自動車会社、アウディはドイツの科学者による、非常に野心的なチームと提携しています。
アウディとパートタイムの科学者チームは、機能的なプロトタイプローバーを3Dプリントしました。
3D月面走行の非常に過酷な、ユニークな条件に耐えるようにアルミニウムとチタンのプリントアウトでの車両の作成です。
月に彼らのローバーを着陸させるのは、しかし実際は5年から15年先と言われています。
Audiミッション

 

アウディの期待の月面走行ローバー、ムーンクワトロが月面着陸に耐えるのに十分頑丈であることを確認した後、
アウディとパートタイム科学者は、ローバーを全体的に構築、金属3Dプリント技術で取り組んできた技術で、アルミニウムとチタンを使用しました。

3Dプリントはまた、CNCフライス盤や他の伝統的な製造技術では可能ではない経路配線や、
特殊な中空構造部品を製造することを科学者たにには可能にしました。
パーツは1ミリメートルの厚さ程度です。

最近、ドイツの自動車メーカーは生産車に金属3Dプリント部品を使用する計画を明らかにしました。
アウディはちょうど実行可能なコストではない幾何学的に複雑な部品の製造、鉄鋼、アルミビーズの定期的なキャストのアイテムよりも、
人間の髪の毛より高密度の半分以下の厚さを構成できる微細な金属粉を使用した3Dプリントで実験しています。

 

月面車両

 

車両を構築するために、地球上で3Dプ​​リントを使用して、長期的には月の土を使用し、月面上で直接3Dプリントする技術を開発する構想をします。アウディの金属3Dプリントの専門知識に加えて、道路上の最も信頼性の高い消費者の車のいくつかのための四輪駆動システムを作成する、
彼らの35年の経験は確かです。
人類が最終的に月の秘密にアクセスして、探査のための全く新しい世界を開くために、3Dプリント技術を使用する前例のない機会を与えました。
宇宙での3Dプリント
NASAの月面での家の構築計画、チョコレート製造計画の次に、こうした有名自動車メーカーの理解による、
アウディの月面での車両開発は、宇宙での乗り物を一般自動車会社が作り出すという面白い考えです。
チョコレートの3Dプリンターによるお菓子製造も、NASAのアイデアですが、賛同したのは有名チョコメーカーのハーシーズです。

こうした企業が、すすんで知的な計画を実際的に行っていくというポジティブな未来は、楽しいものではないでしょうか?
繊細な金属や人口細胞、木材に食材、あらゆる素材が利用可能な3Dプリンター、今後の発展と開発に注目です。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top